yuzupapaの自転車奮戦記

40歳になった暁にロードバイクネタ中心に家族の事など色々と記録しておこうかな。

ロード合宿初日、三国峠が強烈過ぎてビビりました!

さぁ、夏休みの始まり!

今年は何と9連休ー(^з^)-☆


しかもSHOP主催ロード合宿、沖縄家族旅行と盛りだくさん!

いやーこのために仕事頑張りました。


そんなこんなでまずはロード合宿です!

今年のメニューは、初日は朝から自走で山中湖へ行き、夜はバーベキュー。

翌日は富士スバルラインか河口湖サイクリングして、道志ルートで帰宅。

という感じです。


朝は7時に集合。今年は18名。


3グループに分かれて出発します。


さぁ安全走行で行きましょうー。

f:id:yuzupapa529:20170822072513j:plain


尾根幹越えて、城山越えて、宮ヶ瀬に出て、裏ヤビツへ。


天気も良く気持ち良すぎー。

f:id:yuzupapa529:20170822072623j:plain


裏ヤビツは5名で先行。

TTポイントからエースYOSSHYが上がる。

店長もキャップもいないので誰もチェックに行けず。

なので自分が!とガッと上げて1人でエースを追いかける!


でもガンガン離されてすぐに見えなくなる。。。


ま、そうだよな。

後は後ろに追いつかれないようペースで。

まだまだ先が長いからね〜。


到着ー。とりあえずエースと記念撮影。

f:id:yuzupapa529:20170822202956j:plain


途中からしかタイムを測ってないけど16分260wぐらい。

まあまあです。


下って名古木セブンで休憩。


ここ最近、50kmを越えたあたりから左脚の小指が痛くなるのでシューズについて色々と聞きまくる。


やっぱシューズ新調しようかな。

ま、この話はまた今度。


あー、でもみんなで走っておしゃべりして超楽しい。


ここからは246を沼津方面にひたすら走り、ローソンで再度休憩。


腹が減り、またここでもサンドイッチとアイスを食す。いやー暑いっすな。


さ、ここからすぐに今日のメインディッシュの三国峠へ。


7kmを平均斜度10%超え。

獲得標高1000m弱という超級山岳。


いやーキツそうですなー。ゆっくり行きましょうー。

なんて最初は楽しく喋ってましたが。。。


峠が始まり、段々斜度がきつくなるに連れてみんなバラバラ。。。


f:id:yuzupapa529:20170822072727j:plain


のっけから12%前後で。


エースYOSSHYは早々に先行。

後ろもだいぶマイペースとなり、最初から一人旅です。


にしてもずっと斜度が12%前後。


おいおいマジか(°_°)


曲がり道の度に、同じ斜度もしくはさらにキツい斜度が続き精神的にもツライ。


キツい。。。


そこで看板。



山梨県まであと4km。


( ゚д゚)  ・・・マダ4kmアルノ




あ、さらに看板



斜度16%



( ゚д゚)・・・マジ⁉︎


f:id:yuzupapa529:20170822223031j:plain

※店長撮影。

(というか、撮る余裕あったのがスゴい)


最大は20%ありました。

この辺りが1番キツく心折れかける。


長い。早く終わりたい。

速度は余裕で10km切り。

後ろから追いつかれるのも時間の問題と思いながらも後ろは全く見えず。


みんなも同じか。。。




お、またまた看板



山梨県まであと2km



(´༎ຶོρ༎ຶོ`)・・・モウアシツキタイ


ガーミンで距離でるから言われなくても知ってるけど精神的に堪える。


すでに速度は8kmぐらい。

斜度は相変わらず10%超え。


でも段々と斜度は緩まり、徐々にゴールが近いことを感じる。


よーし、最後まで頑張ろう!



なんてポジティブに思う事もなく、まだかまだかと垂れまくり走行。



ようやくゴール!

f:id:yuzupapa529:20170822073055j:plain

絶景が待ってました!



でもそれ以上に辛さが勝り、あまり感動せず(;´д`)


長澤パイセンも日頃の行いに土下座。

三国峠さまにお詫びします。

f:id:yuzupapa529:20170822073208j:plain


そんなこんなでタイムは36分くらい。

エースは29分。。。

オスカルプジョルと1分差。

す、すげえ(・Д・)


店長は、後ろでみんなを鼓舞しながら登っては下り登っては下り、何往復かしてたみたい


(・Д・)・・・エ、バカナノ



んで疲労困ぱいの中、みんなで温泉へ。


三国峠バッシングで盛り上がる。


いやー最高!


宿に戻ってBBQ!

f:id:yuzupapa529:20170822073318j:plain


部屋に戻って同部屋のメンバーとトークし、

自分は11時ぐらいにはダウン。


隣の部屋は2時ぐらいまで飲んでたみたい。


いやー初日から濃い1日で大満足でした!


昆虫採集で大興奮!

先週の話しですが、最近昆虫にハマり中の息子と早朝から公園へ。


目的はカブトムシ!


何とか1匹ゲット!

やったー(o^^o)

f:id:yuzupapa529:20170810070709j:plain

何とか父の威厳は保ちましたー(´∀`)


公園を変えて次はセミ!

クマゼミアブラゼミ、ミンミンゼミをたくさんゲット!


最初は掴むことが出来なかったけど、スパルタで最後はしっかり掴むことが出来ました!


この笑顔(^з^)-☆

f:id:yuzupapa529:20170810070743j:plain


自分も童心に帰ってすごい楽しんじゃいました。

ロードバイクも楽しいけど、やっぱり家族との時間が1番!

仕事は相変わらず忙しいし、これから大きなレースもあるけど、子どもの成長を一緒に楽しめるのは今しかないので、家族との時間を最優先で考えていこう!


そんな想いを痛感した楽しい想い出でした。


海鮮朝ご飯を目指して〜漢たちの早朝江ノ島ライド

前日の練習会は子どもとの時間のため不参加。今週も日曜午前中しか走れない、しかも走行会もなし、という事で8/6(日)に早朝ライドを企画し、有志5人で江ノ島まで行ってきました。


前日の声掛けにも関わらず、お付き合い頂きありがとうございますー^_^


ルートは尾根幹を抜けて、相模川をずっと南下して平塚まで。平塚からは134号線で江ノ島まで。

江ノ島小屋で海鮮朝ご飯を食して、帰りは境川CR、246で帰ってくるという平坦が気持ち良すぎのお気に入りコースです。


早朝から気持ちいいっすなー

f:id:yuzupapa529:20170808082039j:plain


平坦は終始40kmオーバー。

でも脚が揃ってるし、信号ないし、ローテーションしながらだから楽チン^ - ^


でも店長(JPT所属)の牽きは凄すぎ(-。-;

f:id:yuzupapa529:20170808082105j:plain


平坦はroval CLX50の本領発揮!

そう、平坦&集団でCLX50を試したくこのルートを企画したといっても過言ではありません!


予想通り、ドラフティングが効くとさらに楽チン。CLX32より、かなり少ないパワーで回せます。これは脚が残るなー。


先頭に出ても少し踏むとジワジワーとスピードが上がり、維持が本当に楽。


CLX32はダンシングが本当に気持ち良いですが、CLX50は少しトルクフルなシッティングがとても楽しい。


そんな楽しい時間を経て江ノ島到着〜。

9時過ぎだけど天気最高\(^o^)/

f:id:yuzupapa529:20170808082301j:plain


暑すぎですが、太陽、海、の組み合わせで心地よく、待ち時間も楽しい。

f:id:yuzupapa529:20170808082148j:plain


目的地の江ノ島小屋です

f:id:yuzupapa529:20170808082227j:plain


漁師汁定食をいただきました。

f:id:yuzupapa529:20170808082428j:plain


おしゃべりしながら美味しい朝ご飯を海を見ながら食べる。

いやー至福の時(o^^o)

f:id:yuzupapa529:20170808083348j:plain


帰りはそのまま帰る予定でしたが、境川CR沿いにある飯田牧場でジェラードを食べたいという事で。


f:id:yuzupapa529:20170808083423j:plain

かなり良いペースで走ったので、門限まで余裕があるのでワタクシもお付き合い。

店長は店オープンのためここで離脱。

すっとんで行きました。


ここは初めて来たけど美味いね〜〜(o^^o)


んで、その後は境川CRから246で帰り、12時7分に家に到着!

(246のアップダウンは少し追い込んで脚も満足!)


時間もほぼ予定通りでさらに満足!


いやー午前中だけでしたが最高のライドでした!

皆さん、ありがとうございました!

また行きましょうー^_^


午後は所用で新宿へ。

暑さがエゲツなかった・・・(~_~;)


ついにヤツが来た!そう、roval CLX50だ!

4月にホイール試乗で大垂水峠、雛鶴峠と走って一気にその魅力に取り憑かれ、購入してしまったroval CLX50クリンチャーがついに来ました!


試乗インプレはこちら

http://blog.hatena.ne.jp/yuzupapa529/yuzupapa529.hatenablog.com/edit?entry=10328749687241920780


予定では4月末だったのでもてぎエンデューロでデビューかなーなんて思ってたけど、延びに延びてようやく。

ま、CLX32もとても素晴らしいホイールなんで待ち時間は全然気になりませんでしたが。


はい、どーん!

f:id:yuzupapa529:20170801204530j:plain 

やはりハイトが高いとイカつくなりますね。


早速この前の土曜日の早朝に2時間ほど尾根幹往復、連光寺、V坂を走ってきました。


まだ全然乗り慣れていないですが、慣れたコースでのファーストインプレッションは備忘録ブログとしては記しておかねば!ということで感覚だけの自己満インプレです。


その前に事前情報

バイク  SPECIALIZED  TARMAC  SL5

タイヤ  SPECIALIZED TURBO COTTON

ライダー 171cm 60kg 


ヤビツ36分 富士ヒル 74分 JCRC Cクラス、 

キュートな子供2人を持つ普通のサラリーマンライダーです。


比較対象は、同じくrovalのCLX32クリンチャー。

CLX40クリンチャーも保有してましたが、CLX32で充分すぎたことから手放してしまい、すでに記憶が怪しいのでCLX32で比較します。


乗り味別の比較

◯初期加速

50はやはり重い。重量だけだと充分な軽さですがリム自体はそこまで軽くないので漕ぎ出しが重く、32のような初期加速の鋭さ、反応の良さはありません。若干もっさりしてます。

CLX32の勝ち。


◯巡航維持

50の真骨頂。まじ感動レベル。

いつも走っているコースだからこそ体感的にも数値的にも効果がありました。

32〜33kmぐらいからペダルに軽さを感じるようになり、40km前後からもう明らかに32より軽く回る。

ワット数も32と同じ速度を10wは低い数値で走れてました。

CLX50の圧勝。


◯剛性

どちらも硬いですが質が違う気がしました。

32は真円感が強くガチっと硬いのですが、50はどっしりと硬い感じ。

ただ、ハブが最高に回るし乗り心地もいいので嫌な硬さではなく、推進力を感じる気持ちの良い硬さです。


◯乗り心地

どちらも問題なし。あまり他のホイールは知りませんがロングも全然イケると思います。

突き上げは32の方が若干あるかなーぐらい。

昔愛用していたレーシングゼロと比べると雲泥の差。

ただ、これはタイヤがTURBO COTTONだからかも。このタイヤは転がり抵抗の低さも素晴らしいですが何より乗り心地が素晴らしいので。

引き分け。強いて言うならCLX50の勝ち。


◯制動力

32の方がブレーキの効きがいいです。

個体差かもしれませんが。

CLX32の勝ち。


シチュエーション別の比較

◯平地

CLX50の方が圧倒的に速い。

というか、速度を維持できる。


◯スプリント

スピリント後の速度維持は50ですが、200ぐらいをモガきたおすという形では32の方が速い。ただ、スプリントが苦手で最大パワーが860wぐらいの貧脚なんであまり参考になりませんね。。。


◯登り

まだヒルクライムというほどの坂は試していないですが、6%以上の坂は32よりかなはり重さを感じました。32ならシャキシャキ登れるのを重いな、脚にくるな、という感じ。

3分ぐらいなら速度自体は変わりませんが脚のダメージが違いました。

逆に5%以下の登りは50でも全然速い。 

いつもより重いギアでシッティングで登ると坂とはいえ気持ちよいぐらい進みます。

32はダンシングが気持ちが良いので少し乗り方が変わる感じでした。

ヒルクライムは絶対32ですが、どこまで違うのか試してみたいですね。

大垂水峠とかヤビツとか。


◯アップダウン

これは試乗インプレの際も書きましたが、下った勢いでの登り返しが気持ち良すぎです!

尾根幹ぐらいのアップダウンだと、スピードの落ちが緩いし、そのままの惰性と高い剛性、慣性を活かして脚を使わずにクリアできます。


◯下り

CLX50の圧勝。ここも32との差を明確に感じました。下りが下手なワタクシはちょっと怖かったです、はい。


◯総評

CLX32が万能すぎるエリートなら、CLX50は得意分野がはっきりした天才、という感じ。

もう、メーカーの狙い通りのインプレですいません。

ただ、体重やパワーがある人、ペダリングが上手い人なら評価は少し変わると思います。

自分の場合、エンデューロならいいですが、アップダウンとかある長距離ロードレースの場合、ちょっと32と比べて踏み切れない、繰り返すと脚にくるのが早いかな、と思いました。

パワーがある人なら、50の持つ秘めた力をもっと引き出せると思いますし、もしかしたら50の方が万能エリートという評価になるのではと思います。


レースに出ないロングライド派の人は見た目以外では32の方が絶対いいですね。


でもレース志向の人にとっては50は最高のホイールです!

早くこれでエンデューロ走りたいわー(^з^)-


f:id:yuzupapa529:20170802205952j:plain

うーむ、かっこよす!

JCRC 2017 群馬CSC!レース編

さて、レース編っす。


雨の中、エンデューロが始まり、てんちょーとエースYOSSHY、トミー先輩が出動。

すぐにE、Fが続き、シゲさんニゲさんの二人、キノさん、シドニバさんが出動。


ワタクシは雨宿りしながらアップしようか、このままレースまで行くか、ウダウダ考え中。


と、エンデューロを見ると、2周目ぐらいでてんちょーとエースを含む4名ぐらいの逃げが凄い速度で通過。


チームメンバーで凄さを知ってはいるものの、2時間エンデューロなのにその速度!とビビる。


しばらくして何とトミー先輩がパンクで帰陣。残念・・・(;´д`)


そしたらシゲさんがパンクでまたもや帰陣・・・(;´д`)


この流れはヤバイと思い、雨の中アップへ出かける。

会場前の坂を6往復ぐらい。


雨がひどくて身体が温まらずだが、やらないよりはマシだったかな。


戻って、全然意味ないけど濡れた靴下を変えてたらもう召集!


さあ、雨のレース開始です!


スタートは珍しく前に並びました。  


群馬はよほどの脚力差が無いと逃げは決まらない、逃げきるほどの脚力差が無いのに無駄な単発アタックする人、それに反応する人ほど最後のセレクションに残れない。

と強者たちから聞いていたので作戦というか心構えは大きく3つ。


・アップダウンの登りは極力脚を使わず走る

・最終回か最後の心臓破りで仕掛ける

・単発アタックには反応しない


1周目

ローリングスタート後、一気にペースが上がる。ただ、これは短時間勝負のJCRCでは恒例(おそらく下のクラスだけ)であり、さらに雨の中でみんな前目にポジションしたいので予想はしてました。


一気にペースの上がりますが、そこは同じクラス。みんな対応して、心臓破りでは集団で落ち着きます。


2周目

大体中盤あたりをキープ。

最後尾はいかないようにぐらいの意識。

集団は相変わらず20人以上。 

リフト坂、心臓破りが300wぐらい。


3周目

相変わらずの集団。

アップダウンも下の惰性で登るためほぼ脚を使わず。

同じくリフト坂、心臓破りが330wぐらいにアップ。

ここで2名ぐらいが落ちたかな。

でもまだ20人以上。

f:id:yuzupapa529:20170728183847j:plain


4周目

ホームストレートの登りぐらいから2名ほど飛び出す。ヤバイと思ったが追いつけると思い集団で。

さらに右のヘアピンが終わったあたりで何人かがアタック。これはヤバイと思い、踏んで追いつくも心臓破り前でまた集団に吸収。

ホントに逃げができないコースだなぁなんて思いながら心臓破りをこなす。

大体360wぐらい。

少しキツイが下りで回復。

心臓破りが終わってもまだ20人くらいの集団だったと思う。

ここはJCRC賞が掛かっているが脚を溜めることに専念し中盤に潜む。

f:id:yuzupapa529:20170805230604j:plain


最終周

ここまで走り、単発アタックがことごとく吸収されているのを見て、自分に逃げができるほどの力はないと判断し、ここでのアタックは止め、最後の心臓破りまで待つことに決定。

ホームストレートの登りで一気にスピードが上がったものの、集団の誰もが反応していたし、自分もここでスピードが上がると予想はしていたので踏んで集団に喰らいつく。


心臓破りまでは各自が前目に行きたがっているのか速いペース。

多少息は切れて脚もそこまで余裕は無いが1周ぐらいは高強度に耐えられる感じ。


何より登り返しの坂がスムーズにケイデンスが回り、脚を使わず登れる。

少しとは言え、サドルとハンドルを下げたポジション変更がうまくいった感じ。

あと、TARMACちゃんの推進力とroval CLX32クリンチャーの転がりの良さが最高に気持ち良く、「ああ、これは良いフレームとホイールだなぁ」なんて思いながら登ってました。

 そしてさぁ心臓破りです!

とは言え中々のペースで来たのでそこまで脚も心肺も余裕はありません。

自分がここで仕掛けるまでもなく、前目の人はここで仕掛けてくるのは一目瞭然。

だから、まずこのセレクションに残る事に集中します。


案の上、入りから高強度。

みんなダンシングや踏みまくりのシッティングでセレクションが始まります!

ここはもう周りは気にせず、千切れない事だけに集中。

ガーミン先生のお顔を少し拝んだらずっと400wだったのでもう見ないことに。


もうキツイけど何とか千切れないという気持ちだけ。


f:id:yuzupapa529:20170728201908j:plain

そう、まさにここがターニングポイント!

ここで切れたら終わり。


コーナーもダンシングに切り替えスピードアップし、逆に2〜3人を抜いて確か5番目くらいで心臓破りをクリア。

どうやらこのセレクションで半分以上落ちてたようだ(リザルト見るとおそらくここで残ったのは9名)


キツイけどオールアウトというほどではなく、その後の2回のアップダウンも5番目くらいでクリア。

ここからの下りでポジション争いが始まると、気を引き締めて前目をキープしながら下る。

苦手なスプリント勝負だがここで勝たないと意味がない!


そして最後のストレート前の左コーナーで普通に走っているだけで3番手に上がってしまう。


どうやらみんなも苦しいようだ。

ちょっと勇気づいてここで下ハンに持ち替える。


ホームストレートに差し掛かるところでみんな腰を上げる。


ちょっと早くね、と思ったが吊られて自分も3番手でスプリント開始!


と思ったら速攻3人にぶち抜かれる( ̄O ̄;)


ヤベェ、いきなり6番手落ちた!

貯金無くなった!


自分のスプリント力のなさ、下手さに愕然としました。


ただ、ここからは気合い。

ひたすら踏みまくる!!


っゴールが見えた!!!


でも明らかに後ろから気配感じる!


ヘナチョコスプリントだけどもうひと踏みーっ! 

f:id:yuzupapa529:20170728203302j:plain

そう、諦めたら終わり!最後まで諦めない!

6位入賞と7位は大違いだわさ!


最後まで諦めずに踏み切りました!



そして結果は・・・・



f:id:yuzupapa529:20170728204622j:plain


6位を死守!

何とか入賞しました!


やったー\(^o^)/


今回初めて群馬を走りましたが、アドバイス通りでした。


単発アタックは何度かあるものの、必ずアップダウンの登りで吸収してましたし、ホントに逃げが出来ないコースだったのでいかに無駄足を使わずに走れるかが重要でした。


実際に今回は自分なりに脚のマネジメントが上手くいったから、苦手なスプリントでも勝てたのだと思います。


そしてチームからはエンデューロでてんちょーとエースが入賞!

(2時間を37kmって( ゚д゚))

しかもてんちょはパンクしたのに入賞やて

( ゚д゚)


さらにXクラスで監督が2位!


そしてわたくしがDクラス6位!

ちょーギリ!


何とか入賞組に入れました。

目標だったCクラス昇格達成!

(後日無事に申請通りましたー)


しかも初めてロードレースらしい展開での入賞!

強者たちから見れば大した事ないですが、Fクラスから這い上がってきた自分にとって、とっても嬉しかったです。


木曜監督練でのインターバル練習が効いたのかな。


いつも楽しく刺激をくれる仲間に感謝!

そしてレースでご一緒した方、お疲れ様でした!


おそらくレベル的にはCクラスでは下の方。

また精進しよう。


ま、しばらくレースないからお太れだなー(^з^)-☆





JCRC 2017 群馬CSC!前編

※長くなったから前編にしちゃいました(^з^)


さて、7月23日にJCRC群馬に行って来ました!

前回初めてJCRC群馬に参加したものの、まさかの1周でパンク(´༎ຶོρ༎ຶོ`)


非常に苦い想い出になっており、何とか払拭すべく1年ぶりのリベンジ群馬です!


下りもコーナーリングも上手くなく、スプリント力もない自分としてはどちらかと言うと苦手なコースという印象。

(というか、前回1周しかしてないから完全にイメージ)


ただ、今年の三大目標(富士ヒルシルバー、JCRC Cクラス昇格、あと一つは内緒❤️)を何とか達成すべく気合いは入ってました!


しかも当初は子供のお守りで出られなかったレース。レース数が減ったJCRCは今後も出られない可能性大!


何とか入賞して昇格したい(自動昇格ではなく昇格申請が必要ですがここで入賞すればイケるはず)!!


富士ヒル後に燃え尽き症候群チックに調子を落としてましたが、出ると決まってからは練習も身が入り調子も上がっていきました。


また、クリート変更に伴い、クリート位置を少しは深くし、サドルを2mm程下げたら回しやすいし、踏みやすい!という事でなかなかいいメンタルで迎えられました。


ただ、緊張してたのか前日入り全然寝れずでしたが(;´д`)


土曜にしっかり家族サービスし、子供を祖母に預け、日曜日は朝4時集合。


ブイーンと群馬に向かいます。

途中高速で2つの事故を目撃。

一つは車横転、もう一つは全壊。


何だかいやな予感や( ̄O ̄;)


しかも埼玉辺りで雨☂️。


何、雨だと。。。

天気予報では晴れ☀️、猛暑だったはず。。


これは嫌な予感しかしない。。。


着いたら案の上雨。

テンションダダ下がり!


そんなダダ下がりメンバーで記念撮影。

f:id:yuzupapa529:20170727195012j:plain

みんなちゃんとレースは参加しましたよー。


でもパンク祭と入賞ラッシュ。

さあ、ワタクシはどっちだったか⁉︎


続く。

スマートコーチング主催サイクルテクニックスクール!

7月17日(祝)に、近所の向ヶ丘自動車学校で開催された「サイクルテクニックスクール」に初めて参加してきました!


去年の秋のやつですがコレです

http://www.cyclowired.jp/lifenews/node/213684


午前中はスクール。

午後はエンデューロ(45分)

その後にクリテリウムです。 

 

自分はスクールとエンデューロに申し込みました。


それぞれカテゴリーが分かれますが、

スクールもエンデューロも1番上の登録選手で。


登録選手ではないですが、条件(レース経験や平地の巡航速度)はクリアしていたし、1番上の方が実践的なテクニックを教えてくれるのではと目論んだからです。

 

E1選手とかたくさんいたらどうしようとも思ってましたが、結果的には大丈夫でしたね。


スクールの講師は何とか宮澤元選手!

ミーハー野郎としてはやったーって感じ

(o^^o)


サイクルレースの解説とかでも分かりやすいので大好きなんです!


実際に内容もわかりやすく、レースを想定したスキルが中心なので大変満足しました。


特にコーナーが下手っぴな自分としては、タメになりました。

上手い人は当たり前かもしれないけど、ちょっとコーナーリングの意識が変わりましたね。


具体的には、

緩いコーナーは3時9時のペダル位置で、重心をハンドルとサドルの間に持って曲がるイメージだと曲がりやすい。


キツいカーブはブレーキをかけずに先を見ながら腰の安定させて曲がる。


180度折りかえりの立ち上がりは、重心を低く膝が曲げるくらいの低いダンシングの方が脚のダメージが少ない


など。

他にも2列ローテーションや集団でのコーナーリングとか実践しながら色々とタメになるアドバイスをもらいました。


隙を見て宮澤元選手と記念撮影!

f:id:yuzupapa529:20170720092804j:plain

やったー(^○^)


午後は45分エンデューロ

半分くらいはスクールからの連続参加。


上手く速そうな人ばかりだっのでちょいと不安でしたが、午前中の成果を活かしましょうという事でしたので、午前中に結構時間掛けて教えてもらった2列ローテーションの実践だから大丈夫かと思ってましたが。。。


開始5分、集団分裂。。。

速い。。。コーナーの度にガツンと上がる。


開始10分、先頭4名以外崩壊。。。

もはやエンデューロではなく、クリテリウムの様相。


登録選手クラスとは言え脚力差が結構ありました。


ワタクシはと言うと、何とか先頭4名に残れてましたが25分くらいからキツくなり、コーナーの度に少し差が出来て追いついてまたコーナーで差が出来て、と言う状況でローテーションに参加できなくなり、30分くらいで千切れましたー(;´д`)


その頃には集団はなく、参加者の半分くらいはバイクから降りて涼んでいる様でした。

(暑かったですからね)


残り15分はたまに他の人と走りますがペースが合わず、ほぼ単独。


確かそのまま4位でゴールしました。


ま、あくまでも目的はテクニックスクールだし、この後クリテリウムに出る人は途中でバイク降りてたみたいだし、何より猛暑だったので順位は全く意味ないです。


とは言え、苦手なコーナーばかりのコースでそれなりの強度で走れたのは満足!

少しはコーナーリングが上手くなるといいな。


んで、終わり次第速攻帰って家族と買い物行って寿司🍣食べて3連休を〆ました。


カフェサイクリングにキャンプにサイクルテクニックスクールと充実した3連休でした

\(^o^)/